1. ホーム
  2. キャラクター
  3. ローザ

ローザ

セシル…!
あなたは…なんて大きな運命を…

バロン軍の白魔道士。セシルとは両思いであり、彼と一緒ならばどんな苦難も厭いはしない一途な女性。仲間に対する思いも強く、争いを避けて団結を守るまとめ役としての一面も。物語とシステムの両面において、セシルの良きパートナーとして活躍します。

白魔法を専門に使い、パーティ全体の回復・補助役となるキャラクター。HPは低めなので、常に後列に下げ、必要に応じてセシルの「かばう」などで守ってあげましょう。中盤以降、パーティの全生命はローザ1人が預かっていると言っても過言ではありません。

キャラクター概要

加入場所・レベル・初期装備

カイポ(レベル15)
ゾットの塔(レベル26)

※離脱時のレベルが次回加入時のレベルより高ければ、離脱時のレベルで次回加入する。

装備可能な武器

主な特徴

長所
  • 最大MP、精神が高い。
  • すべての白魔法を習得する。
  • 「いのり」で全体のHP・MPを回復できる。
  • 弓を装備できるので、後列から安全に攻撃できる。
弱点
  • 最大HP、素早さが低く、打たれ弱い。

オリジナルコマンド

コマンド名 対象 主な効果
ねらう 敵単体 必ず命中する「たたかう」
いのり 味方全体 HP・MPを回復(回復量は各キャラの最大HPの10~15%、最大MPの5~11%)
しろまほう (個別) 白魔法を使用する(下記参照)

習得魔法・特技

白魔法
LV 魔法名 消費MP 対象 属性 主な効果
15 ケアル 3 単体/全体 HPを回復
15 ホールド 5 単体 - マヒ状態にする
15 スロウ 10 単体/全体 - スロウ状態にする(ATBゲージ上昇速度低下)
15 ライブラ 1 単体 - HP(現在値/最大値)と弱点属性を表示
15 サイトロ 5 - - 地図を表示
15 レイズ 25 単体 戦闘不能を回復+HPを少し回復
15 プロテス 15 単体/全体 - プロテス状態にする(防御力+50%)
15 ケアルラ 9 単体/全体 HPを回復
15 サイレス 8 単体/全体 - 沈黙状態にする
18 エスナ 15 単体 状態異常を回復
20 シェル 15 単体/全体 - シェル状態にする(魔法防御+50%)
23 ブリンク 10 単体 - ブリンク状態にする(物理攻撃を2回まで無効)
24 コンフュ 5 単体/全体 - 混乱状態にする
26 テレポ 20 - - ダンジョンから脱出、戦闘から逃走
30 バーサク 15 単体 - バーサク状態にする(攻撃力+50%、自動行動)
31 ケアルダ 18 単体/全体 HPを回復
32 ミニマム 10 単体/全体 - こびと状態にする、こびと状態を回復
33 ディスペル 15 単体 - 魔法効果を解除
35 ヘイスト 20 単体 - ヘイスト状態にする(ATBゲージ上昇速度向上)
38 レビテト 8 単体/全体 - 浮遊状態にする、浮遊状態を解除
40 リフレク 30 単体 - リフレク状態にする(魔法を反射)
45 ケアルガ 40 単体/全体 HPを回復(対象が単体の場合は完全回復)
55 アレイズ 70 単体 戦闘不能を回復+HPを完全回復
60 ホーリー 50 単体 ダメージを与える

使いどころ

パーティ全体の生命線

ローザには「ねらう」「いのり」「しろまほう」の3つのオリジナルコマンドがあります。物理攻撃は苦手なので、「ねらう」はホブス山以外ではあまり使いませんが、「いのり」と「しろまほう」は回復のエキスパートとして超重要なコマンドです。

いのり

全員のHP・MPを回復できるアビリティ。回復量は少ないとはいえ、無償でMPを回復できるのはありがたい限りです。このコマンドがあるおかげで、FF4では「エーテル」の消費を大幅に抑えることができます。アビリティメニューの最上枠にセットし、通常の戦闘では特にやることがない限りは「いのり」を使って、全体のMPを高く保てるようにしましょう。

しろまほう

ローザのメインアビリティ。すべての白魔法を習得可能で、その回復力も非常に高く、移動中ならば「ケアル」の全体使用でも十分な回復量を得られます。戦闘中に大ダメージを受けてしまっても、「ケアルダ」や「ケアルガ」を使えば窮地を脱することができます。もちろん「レイズ」や「エスナ」も重要な回復魔法です。また、あらゆる敵に有効な「スロウ」、大ダメージから身を守る「シェル」「ブリンク」も、特に終盤のボス戦や強敵との戦いでは不可欠です。FFシリーズは総じて白魔法偏重ですが、FF4においてもその傾向は強く、最終メンバーの1人であるローザの存在は一際重要と言えるでしょう。

武器は杖がおすすめ

上述の通り、ローザは回復専務であり、物理攻撃を行う機会はほとんどありません。ホブス山では「せいなるや」による攻撃が威力を発揮しますが、それ以降は物理攻撃力を気にする必要はないでしょう。白魔法の回復量を高めるためにも、武器は杖を装備するのがよいでしょう。素早さを上げたい場合は短剣や一部の弓も候補に挙がりますが、いずれにしても武器は能力値上昇のために装備し、戦闘では「いのり」と「しろまほう」をメインに使います。

魔法強化のデカントアビリティを付ける

ローザにとって最も効果を発揮するデカントアビリティが「れんぞくま」と「まほうぜんたいか」です。これらのアビリティはリディアに付けて「ブレイク」を強化する手もありますが、やはり白魔法の重要性には及ばないので、1周目ではローザが最有力候補です。「れんぞくま」を付ければ、敵に「スロウ」を使いつつ味方全体に「シェル」を使ったり、「レイズ」+「ケアルガ」で「アレイズ」と同等の効果を得ることができます。それに加えて「まほうぜんたいか」があれば、ローザが生きている限りは戦況は安泰でしょう。特に「れんぞくま」は早い段階から入手可能なので、中盤以降は戦闘の安全性を大幅に高めることができます。